PukiWikiでテーブルの回り込み


投稿日:2011年8月3日
  • 0
  • 1



テーブルを回りこませた。

PukiWikiでテーブル内にテーブルを作ってページの幅に合わせて改行することは出来なさそうなので、以下のように表を回りこませる設定にした。
改行などで無理やりレイアウトも可能だが、要素が増えたり減ったりしたときに一つ一つずらしていくのは現実的ではないので「float」を使って回りこませることにした。

.style_table {
padding:0px;
border:0px;
margin:0px 0px 20px 0px;
text-align:left;
color:inherit;
background-color:#DDD;
float:left;
}

強制的にすべての要素が回りこもうとしてしまうので、特定の表だけに適応したいがそれだけのためにプラグインを作るのも面倒なので、今回は暫定措置としてこのようにした。

この方法で注意が必要なのは回りこませないようにするために幅いっぱいにテーブルを並べることだ。少しでも間が開くと文字などが回りこんでしまう。

時間があったら回りこみ専用のテーブルを作るプラグインを作ってみよう。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

WordPressのデザインを更新 WordPressのデザインを更新
PukiWikiでテーブルの回り込み これ以上ないくらい簡単な例から学ぶ、レスポンシブwebデザインの作り方
WordPressにSyntaxHighlighterを導入しよう WordPressにSyntaxHighlighterを導入しよう
PukiWikiで表をソートしたい PukiWikiで表をソートしたい
PukiWikiでテーブルの回り込み ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカスタムフィールドを作る方法
WordPressで表(テーブル)を簡単に追加したい WordPressで表(テーブル)を簡単に追加したい
WordPressの整形済みテキストがはみ出す WordPressの整形済みテキストがはみ出す

おすすめの記事

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

ClamAVとClamSMTPを利用してPostfixのメールをウイルスチェック

ClamAVとClamSMTPを利用してPostfixのメールをウイルスチェック

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカスタムフィールドを作る方法

ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカス…

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹底解説

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹…

サーバの処理を自動実行するcronの仕組みと応用法

サーバの処理を自動実行するcronの仕組みと応用法

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

rsyslogを利用したログファイル作成と、logrotateを利用したログのローテーション

rsyslogを利用したログファイル作成と、logrotateを利用したロ…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください