Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法


投稿日:2019年4月11日
  • 3
  • 0


すこぶる評判の良かったWindows 7ですがサポート終了が間近に迫っています。
それを見越してか、2019年1月にはWindows 10がシェア1位となりました。
その間もデバイスは進化を続け、CPUも6コア8コアが一般に流通し、SSDやM.2といった高速のストレージが新PCの標準になりました。

我が家にはそんな世の中の流れを追従するように、Windows XPから710へとOSを乗り換えたPCがあります。OSを変遷するごとにパーツ交換し延命してきました。
マザーボードが対応するなかで最も早いCPUへ変更。HDDをSSDへ。大型モニタ用にGPUを追加。さらにメモリも大容量のものに変更し…。と購入時の構成で生き残っているのはケースとマザーボードだけという大手術ぶりです。

しかし、ここにきて順調だった延命策に問題が発生しました。32bit OS全盛のWindows XP時代からアップデートしていたため何も考えず32bitを選択し続けてきました。しかしWindows 10の32bit版はシステムメモリが最大で4GBまでしか認識しません。現状のWindows 10では4GBは心もとない状態です。

32bit版でしか動かないソフトもごくわずかありますが、その他、大多数のソフトがまともに動かないようではPCの用をなしません。どうしたものかと調べてみるとWindows 10は無料ツールで32bit版から64bit版へ移行することが可能とのこと。

初めての作業でPCの中身が全て消えてしまうんじゃないかと戦々恐々でしたが、結果的には何の問題もなく移行できました。
以下、その手順です。同じ不安を抱えている方の助けになれば幸いです。


64bitへアップデート用のDVDを作成

Windows 10を32bitから64bitに変更するにはメディア作成ツールWindows 10セットアップツールというメディアを作成します。

前提としてマザーボードやCPUが64bitに対応していないと64bitへ移行できません。「スタート > システム > バージョン情報」でシステムの種類の項目が「x64 ベース プロセッサ」となっているか確認してください。(画像はすでに64bit OSで動作しているもの)

Windows 10セットアップツールはMicrosoft公式サイト Windows 10 のダウンロードページからダウンロードできます。

ダウンロードしたら早速起動してください。
ライセンス画面が表示されるので「同意する」をクリック。

別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

言語で「日本語」、エディションで「Windows 10」、アーキテクチャで「64 ビット」を選択して「次へ」をクリック。現在使用しているアーキテクチャ(32bit)を選びがちですが、ここでは移行するOSのもの(64bit)を指定します。

使用するメディアで「ISO ファイル」を選択して「次へ」をクリック。私の場合は手元に8GBより大きいUSBフラッシュドライブがなかったのでDVDへ書き出すためのISOファイルにしました。ちなみにDVD用は圧縮されているのか一般のDVD-R(4.7GB)に収まります。

ダウンロード中は以下のような表示になります。

ダウンロードが完了するとisoファイルをDVDに書き出すように促されます。ファイル名をクリックするとWindows ディスク イメージ書き込みツールが起動するので、DVDをドライブに挿入して「書き込み」ボタンをクリック。

完了したら「閉じる」をクリックで終了です。


作成したWindows 10セットアップツールを使ってインストール

あとは一旦PCを終了して、作成したDVDでPCを起動します。DVDから起動する方法はBIOSによって違いますがF12もしくはF2あたりが一般的です。
PCによってはUSBからの起動をデフォルトでサポートしていないものもあるので適宜BIOSで変更してください。

注意!

全てのデータが消えるわけではありませんが、何がどのようにバックアップされるかは未知数なので、大切なデータは事前にバックアップを取ってから実行してください。

途中でライセンスを求められますが32bitから64bitへ移行する場合は「プロダクトキーがありません」を選べば省略が可能です。
また、OSの種類でProやHomeを選択できますが、元のOSと同じものを選んでください。(元がHomeの32bit版ならHomeの64bitを選ぶ)

インストールの種類を選択する際にアップグレードカスタムが選べますが、今回の例では「カスタム」を選びます。(アップグレードを選ぶとエラーになります)

カスタムを選ぶと全てのデータが消えそうですが、一分のデータは引き継がれていました。

あとはインストールするドライブ(元々利用していたシステム用のドライブ)を選択すればインストールが開始します。

これで無事にWindows 10を32bitから64bitへ移行できました。
この機会にシステム復元用のDVDなんかも作成しておくと、もしもの時に同じ工程をしなくて済むのでおすすめです。


これで古いPCながらWindows10の64bit版で動作し、8GBのメモリを認識して快適に使えるようになりました。
このPCはパーツを変えながら、なんやかんやと10年以上使用しています。
延命できてよかった反面、いい加減新しいPCに移行したほうが手間なしなのも事実…。
いっそのことどこか故障でもすれば踏ん切りも付くのですがw


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 DELL Inspiron 3250のHDDをSSDへ換装して、メモリを16GBへ増設
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 Windows 10でネットワークが不安定になった際の対策まとめ
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 Windowsの起動ディスクとパーティション入門
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 メーカー製パソコンでは32bit OSの管理外メモリは使えない
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 簡単・高速にシステムドライブをバックアップ可能なAOMEI Backupper
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 「アマレコTV」でWindows 10のPC画面に表示されている動画を撮影する方法
Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法 Mac OS 9時代のIDE接続のHDDをMacDrive 10を利用してWindows 10で読み込む方法

おすすめの記事

メールのエラーコードと、メールサーバのmaillog解析方法まとめ

メールのエラーコードと、メールサーバのmaillog解析方法まとめ

ads.txtの設置方法を通して学ぶインターネット広告の問題点

ads.txtの設置方法を通して学ぶインターネット広告の問題点

Apacheのmod_rewriteモジュールの使い方を徹底的に解説

Apacheのmod_rewriteモジュールの使い方を徹底的に解説

Linuxの基本の基本。Linuxの基本的なディレクトリ構成

Linuxの基本の基本。Linuxの基本的なディレクトリ構成

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショートカット一覧

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショー…

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

Google Adsenseで配信される詐欺的なサイトのブロック用URLまとめ

Google Adsenseで配信される詐欺的なサイトのブロック用URLまとめ

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう


いただいたコメントなど

  1. MH のコメント:

    > 私の場合は手元に8GBより大きいUSBフラッシュドライブがなかったのでDVDへ書き出すためのISOファイルにしました。
    データを含むUSBをメディアとして用いる場合、パーテーションされてしまうことにより既存のデータにはアクセスできなくなります。よってDVDもしくは64ビット変更のみを目的とするUSBを使いましょう。

  2. yamaguchi のコメント:

    BIOSで手間取りましたがが、無事に64に成りました。ありがとうございます。参考に成りました。

  3. 困ってます のコメント:

    windows10のpcを64bitにしようと思い、その手順でやっていたら、windows7になりました。どうすればいいのでしょうか。

    • oxy のコメント:

      元々Windows 7だったんじゃないですかね?
      7から10へはアップグレードできた気がするので、まずはそちらからやってみてください。

コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。