1秒でも早く!Webサイトの高速化に役立つ3つのサービス


投稿日:2013年3月18日
  • 3
  • 3
  • 7



これで無料とは信じられない、最適化に役立つWebサービス

http_spead

Webサイトの表示速度はユーザーの離脱率や、SEOに大きく影響します。

高速化するにも問題点がわからない!
そんなときに役立つ、Webサイトの問題点を教えてくれる3つのサービスを紹介します。


Web製作者向け「PageSpeed Insights

http_spead01

特徴

速度を測定するのではなく、構造上の問題を指摘してくれます。
共用サーバであれば、他の利用者との兼ね合いでスピードが変化します。また日本のサイトをアメリカで計測するのと、アメリカのサイトをアメリカで計測するのではかなりスピードに開きがあります。
そのため速度のデータはWebサイトの最適化作業にとっては参考程度にしかなりません。
そうした点で、PageSpeed InsightsはWeb製作者向けと言えます。

1.サイトの最適化具合を点数で表示。

http_spead02

2.修正点の優先順位を教えてくれる。

http_spead03

3.どのファイルを修正すればよいか詳細も表示してくれる。

http_spead04

ボトルネックの把握に役立つ「pingdom

http_spead05

特徴

ファイル1つ1つがどのような順序で読み込まれているか把握できるため、ボトルネックの発見に役立つ。また、ファイル1つについてもDNSConnectWaitと、どの時点で時間がかかっているか表示もしてくれるので、サーバサイドの改善にも利用できる。

1.タイムラインでファイル1つ一つの読み込み速度や、処理される順序を表示する

http_spead06

2.サイトの最適化具合を独自のチャートに変換して個別に得点で表示する

http_spead07

3.History機能があり、過去の点数と比較することができる

http_spead08

Page SpeedやYSlowが一度に確認できる「GTmetrix

http_spead09

Page Speedは上で紹介したGoogleの指標。YSlowYahoo!の指標で最適化の点数を表示します。どちらかというとYahoo!のほうが厳しい点数が出るようです。
一度に多くの問題点を把握したい場合に役立ちます。

1.Page SpeedやYSlowを同時に計測できるため問題点を多く把握できる。

http_spead10

2.タイムラインを確認することができる

http_spead11

3.詳細なレポートをpdfにして保存することができる

http_spead12

以上それぞれに特徴のある、便利なサイトを紹介しました。
把握したい問題に合わせてサービスを選択して、Webサイトを最適化に役立ててください。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。面倒な登録なしでご利用になりれます。