xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法


投稿日:2014年10月12日
  • 4
  • 0



#1146 – Table ‘phpmyadmin.pma_recent’ doesn’t existが出る

xampp_phpmyadmin

xammpを1.8.2にバージョンアップしたところ、phpMyAdminでタイトルのエラーが発生
過去のバージョンだとインストールするだけで正常に稼働したんですが、何か仕様が変わったのかもしれません。

Linuxではcreate_tables.sqlで設定をしますが、それだけでは解決しなかったので手順を紹介。

1.create_tables.sqlを実行。

Linuxではコマンドで実行しますが、Windowsだと面倒なのでphpMyAdmin上で実行します。

phpMyAdminにログインして上のメニューから「インポート」を選び、「インポートするファイル:」で「C:\xampp\phpMyAdmin\examples\create_tables.sql」選び、「フォーマット」が「SQL」となっていることを確認して実行。(xamppをCドライブ直下に保存した場合)

xampp_phpmyadmin01

2.設定ファイルのconfig.inc.phpを編集

C:\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php」を開き編集します。

$cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma_bookmark';
$cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma_relation';
$cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma_table_info';
$cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma_table_coords';
$cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma_pdf_pages';
$cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma_column_info';
$cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma_history';
$cfg['Servers'][$i]['designer_coords'] = 'pma_designer_coords';
$cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma_tracking';
$cfg['Servers'][$i]['userconfig'] = 'pma_userconfig';
$cfg['Servers'][$i]['recent'] = 'pma_recent';
$cfg['Servers'][$i]['table_uiprefs'] = 'pma_table_uiprefs';
$cfg['Servers'][$i]['users'] = 'pma_users';
$cfg['Servers'][$i]['usergroups'] = 'pma_usergroups';
$cfg['Servers'][$i]['navigationhiding'] = 'pma_navigationhiding';
$cfg['Servers'][$i]['savedsearches'] = 'pma_savedsearches';

となっている部分を以下のように変更。(pma_の部分をpma__とアンダーバーを2つに変更している)

$cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma__bookmark';
$cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma__relation';
$cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma__table_info';
$cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma__table_coords';
$cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma__pdf_pages';
$cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma__column_info';
$cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma__history';
$cfg['Servers'][$i]['designer_coords'] = 'pma__designer_coords';
$cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma__tracking';
$cfg['Servers'][$i]['userconfig'] = 'pma__userconfig';
$cfg['Servers'][$i]['recent'] = 'pma__recent';
$cfg['Servers'][$i]['table_uiprefs'] = 'pma__table_uiprefs';
$cfg['Servers'][$i]['users'] = 'pma__users';
$cfg['Servers'][$i]['usergroups'] = 'pma__usergroups';
$cfg['Servers'][$i]['navigationhiding'] = 'pma__navigationhiding';
$cfg['Servers'][$i]['savedsearches'] = 'pma__savedsearches';

終わったら、phpMyAdminをログアウトして、再度ログインしてください。
以上でエラーが表示されなくなっているはずです。


もしこれでもpma関連のエラーが出る場合はユーザーを作成して、設定ファイルでパスワードを指定してみてください。
xamppのコントロールパネルで「Shell」をクリックして起動。

mysql -u root -p ← 管理者でログイン(この例ではroot)
***** ← 管理者用のパスワードを入力
> GRANT ALL PRIVILEGES ON phpmyadmin.* TO pma@localhost IDENTIFIED BY '○○○○';
> FLUSH PRIVILEGES;
> exit

○○○○の部分はpma用のパスワードを入力。続いて「config.inc.php」の以下の部分を編集。

/* User for advanced features */
$cfg['Servers'][$i]['controluser'] = 'pma';
$cfg['Servers'][$i]['controlpass'] = '○○○○';

○○○○の部分は先ほど設定したパスワード。

再度phpMyAdminにログインし直す。

以上で正常に動作するはずです。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 phpMyAdminのバージョンアップに合わせて、初期設定と拡張機能の有効化
xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 MySQLのインストールと各種設定、phpMyAdminのインストールと設定
xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 サーバで管理していたWordPressをローカル環境に移行する方法
WordPressのバックアップ方法を解説 WordPressのバックアップ方法を解説
xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 人気記事を表示してくれるPopular Postsのページビューを変更する方法
xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 構築したLAMP環境にWordPressをインストールする方法
xammpのphpMyAdminで#1146エラーが出る場合の対処法 Windowsローカル環境にXAMPPでサーバを構築して、WordPressをインストールする方法

おすすめの記事

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショートカット一覧

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショー…

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャッシュの仕組み

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャ…

WordPressのサイトをHTTPS化して学ぶLet’s Encryptの使い方

WordPressのサイトをHTTPS化して学ぶLet’s Encryptの使い方

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

Excelでセルとセルの間をダブルクリックすると移動する機能を停止する方法

Excelでセルとセルの間をダブルクリックすると移動する機能を停…

知らなきゃ損!WordPressの表(テーブル)はExcelで作ろう!

知らなきゃ損!WordPressの表(テーブル)はExcelで作ろう!

ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカスタムフィールドを作る方法

ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカス…

サーバの処理を自動実行するcronの仕組みと応用法

サーバの処理を自動実行するcronの仕組みと応用法


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。