コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す


投稿日:2012年1月6日
  • 0
  • 0



「コメントを送信」ボタンのすぐ下に「Spam Protection by WP-SpamFree」とあるとなんだかものものしい

色んなサイトで見かける「Spam Protection by WP-SpamFree」という表示。多くのサイトで使われている「WP-SpamFree」をデフォルトのままで使用していると表示されます。


設定方法

なんか物々しいし、いらない。という方はログインして管理画面で「設定 > WP-SpamFree」をクリック。
Help promote WP-SpamFree?」のチェックを外して「Update Options」をクリック。

これだけで「Spam Protection by WP-SpamFree」という表示は削除できます。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す 友達100人できるかな?WordPressでトラックバック用のURLを表示する方法
コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す Question2Answerでスパムによるユーザー登録に悩んだら「Stop Spam Captcha」を使おう
コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す シンプルなスパムコメント対策プラグイン「Simple AntiSpam」を作成しました
WordPress3.3アップデートと変更点 WordPress3.3アップデートと変更点
コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wix 
コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す WordPressを別サーバーへ清く正しく引っ越しする方法
コメント欄の下にある「Spam Protection by WP-SpamFree」を消す Custom Post Type UIでカスタム投稿を作って、誰でも簡単に編集できる投稿画面を作る方法

おすすめの記事

最新のXAMPPをインストールし、安全・高速に運用する方法

最新のXAMPPをインストールし、安全・高速に運用する方法

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタムプロンプトについて

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタム…

fluentdと連動して集計処理を行うNorikraの導入方法

fluentdと連動して集計処理を行うNorikraの導入方法

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート

使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート

Web Fontの使い方とGoogle Fontsのオススメフォント 10選

Web Fontの使い方とGoogle Fontsのオススメフォント 10選

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

今さら聞けない、変数や関数の命名規則と、まず覚えるべき英単語200

今さら聞けない、変数や関数の命名規則と、まず覚えるべき英単…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。