古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4


投稿日:2014年10月16日
  • 2
  • 9



デザイナーにはお馴染みのPostScript Type 1フォント

transtype4

Windowsで作業をしていると「Macで利用していたPS1フォントをWindowsで使えたら…。」と思うことも多いはず。
しかしPostScript形式のままではWindowsで使用することができません。TrueType形式か、TrueTypeベースのOpenType形式に変換する必要があります。

Web上に変換してくれるサービスがありますが、フォントの数が数百ともなってくると気が遠くなります。

そんな方にオススメなのがTransType 4です。
本来シェアウェアでUS$97なのですが、7日間は無料で試用できます。試しに数千のフォントを変換してみましたが、30分もかからないでサクッと変換できます
試用期間のうちにTransType 4で必要なフォントを変換して、管理やフォントプレビューなどはフリーウェアのNexusFontを利用すればお金はかかりません。

(もちろん気に入って購入したいという方はより素晴らしいソフトの開発のためにも購入してください。)


インストール

インストールは至って簡単。
公式ページ」中程にあるリンクからダウンロードして、インストールするだけです。変な追加ソフトを入れようとはしてこないので、注意する点もありません。

transtype4_01

(このページではWindows版で変換を行いますが、Mac版も用意されています。)


フォントの変換

インストールしたら、スタートからプログラムでTransType 4を起動します。

1.フォントのドラッグ

まずはフォントをウィンドウにドラッグします。フォルダごとドラックできますが、あまりに多すぎると重くなるので、マシンスペックに相談しながら小分けにしましょう。(メモリ4GBの環境で1度に250個程度なら問題ありませんでした。)

transtype4_02

読込み中の画面

transtype4_03

2.変換するフォントの選択

Ctrl + Aで全てのフォントを選択して「File > Convert Selected」で変換を開始します。

transtype4_05

3.書き出すフォルダの選択

transtype4_06

以上で下のようにズラーっと変換されたTrueTypeフォントが出力されます。

transtype4_07

ちなみにPostScriptベースのOpenType形式で書き出したい場合は画面右上の「Profile」をクリックして「OpenType PS .otf」を選択して変換します。

transtype4_13


TransType 4のその他の機能

この他にも有用な機能があるので紹介します。

フォントビューアー

これが本来の使い方だと思いますが、かなり洗練されたインターフェイスを持っています。
整然と並べられたフォントを眺めるだけで、なんだか胸がすっとします。

以下、リストの表示をダブルクリックして詳細を見ている画像。

transtype4_08

フォントの編集機能

メニューから「Effect」を選択すると、フォントのアウトラインを活かしたまま様々な変形ができます。
画像は「Effect > Blur」の例。

transtype4_10

この辺の機能は本職の方にとっては精度的に微妙ですが、一般の方がフォントを加工して利用するぶんには十分な機能だと思います。

transtype4_11

ちゃんとアウトラインも可能です。

transtype4_12

ちなみに変換して利用しても良いフォントかどうか、ライセンスの問題は変換前に確認しておいてください。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショートカット一覧
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 BIGLOBEモバイルに乗り換えてわかった格安SIMへ乗り換えることの煩わしさ
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 パソコン用メガネなんていらない!無料でできる5つの疲れ目対策
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 NexusFontが重い場合はWindows Font Cache Serviceを無効にしよう
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 人気のVPSサービス、Saasesの「Osukiniサーバ」特有の初期設定と使い方
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 BINDで構築したDNSサーバと、各種ネットワークの動作確認
古い形式のフォントをOpenTypeに変換するTransType 4 ゴミ箱を空にしてもCドライブの容量が一杯なときに時の試す3つのこと

おすすめの記事

lazysizesの使い方を通して学ぶ、画像の遅延読み込みとレスポンシブイメージの基本

lazysizesの使い方を通して学ぶ、画像の遅延読み込みとレスポン…

Apacheのmod_deflateでコンテンツを圧縮してサイトを高速化する方法

Apacheのmod_deflateでコンテンツを圧縮してサイトを高速化する…

Google Feed APIの代替手段としてjQueryだけでRSSを表示する方法

Google Feed APIの代替手段としてjQueryだけでRSSを表示する方法

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタムプロンプトについて

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタム…

ImageMagickをWindowsのXAMPPに導入する方法

ImageMagickをWindowsのXAMPPに導入する方法

WordPress公式テーマTwenty Tenを子テーマでレスポンシブWebデザインに変更

WordPress公式テーマTwenty Tenを子テーマでレスポンシブWebデ…

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください