WordPressにRSSを追加


投稿日:2011年12月16日
  • 2
  • 0



更新情報を配信できるRSS

無いよりもあったほうが便利だ。RSSを購読してくれる人に向けてはもちろん、そうでなくともRSS配信サイトへ登録することでSEO対策になる。

WordPressには「https://oxynotes.com/?feed=rss2」と記述することでFeedを表示する機能が元々備わっている。

他には

  • http://example.com/?feed=rss
  • http://example.com/?feed=rdf
  • http://example.com/?feed=atom

というタイプも用意されている。

ウィジェットでサイドメニューに表示させる機能があるが、デザインや表示方法が選べないため、手動で追加することにした。


設置方法

サイドメニュやフッターにあることが多いが、デザイン的にメニューの位置に配置した。
header.php」の

<?php wp_nav_menu( array( 'container_class' => 'menu-header', 'theme_location' => 'primary' ) ); ?>

という記述の直後に「#menuicon」というidを作って追加した。

表示位置を調節するために「style.css」を編集。

ついでに「Google+」「Twitter」「Facebook」アイコンも追加。まだこのブログ用のページは作成してないため、コメントアウトしてある。

サンプルはメニュー横にあるRSSアイコンを参照してください。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

WordPressにGoogle+、Facebook、Twitterボタンを追加 WordPressにGoogle+、Facebook、Twitterボタンを追加
WordPressにRSSを追加 「人気ブログの作り方」最高のアクセスアップ法!記事とソーシャルメディアの相乗効果
WordPressにソーシャルブックマークに追加ボタンを設置 WordPressにソーシャルブックマークに追加ボタンを設置
WordPressにRSSを追加 SNSのカウントをキャッシュするWordPressのプラグインを作成しました
WordPressにRSSを追加 WordPress公式テーマTwenty Tenを子テーマでレスポンシブWebデザインに変更
WordPressのカスタムメニューを使ってグローバルナビゲーションを変更しよう WordPressのカスタムメニューを使ってグローバルナビゲーションを変更しよう
WordPressにRSSを追加 貼るだけ簡単!アクセスが倍増するWordPress用OGPコード

おすすめの記事

5段階評価プラグインを通して学ぶPukiWikiのプラグインを作成する方法

5段階評価プラグインを通して学ぶPukiWikiのプラグインを作成す…

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説

サーバで管理していたWordPressをローカル環境に移行する方法

サーバで管理していたWordPressをローカル環境に移行する方法

Adblock対策プラグイン「End of Adblock Cycle」を作成しました

Adblock対策プラグイン「End of Adblock Cycle」を作成しました

GMO系列のホスティングサービスでGmailへメールが送信できない不具合が発生中

GMO系列のホスティングサービスでGmailへメールが送信できない…

WordPressで手軽にAdblock対策するならBetter Stop AdBlockで決まり!

WordPressで手軽にAdblock対策するならBetter Stop AdBlockで決…

標準のアンインストーラーで消えないソフトを徹底的に削除する方法

標準のアンインストーラーで消えないソフトを徹底的に削除する…

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャッシュの仕組み

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャ…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。