size.inc.phpのバージョンアップ


投稿日:2011年12月15日
  • 0
  • 0


PukiWikiでは特殊な書式を使ういます

例えば文字の指定は<h1>を*で指定する。
あらかじめ使う書式をcssで指定してあればいいが、イレギュラーで違うサイズのフォントを使いたくなる時もある。
そんなときに使用する「size.inc.php」をバージョンアップした。


バージョンアップで変わる部分は

1.バグの解消
2.「&size(12px){word};」と書くとpxが二重で書き出されてしまう問題の解消。
3.「%での指定」が出来るようになった。

以上の理由でこちらで紹介されている「cvs:plugin/size.inc.php (1.13)」を導入。


導入方法

特に変更点は無いが、62行目あたり

	return '<span style="font-size:' . $size . ';' .
		'display:inline-block;line-height:180%;text-indent:0px">' .
			$body .
		'</span>';

以上のようにデフォルトの「line-height」を「180%」に変更。
保存したファイルを「plugin」フォルダに入れる。
以上で完了だ。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

size.inc.phpのバージョンアップ 5段階評価プラグインを通して学ぶPukiWikiのプラグインを作成する方法
size.inc.phpのバージョンアップ SyntaxHighlighterでConsolasを使うと日本語が文字化けする際の対処法
size.inc.phpのバージョンアップ ページ編集の手間を劇的に減らす、Custom Field Templateでカスタムフィールドを作る方法
size.inc.phpのバージョンアップ これ以上ないくらい簡単な例から学ぶ、レスポンシブwebデザインの作り方
size.inc.phpのバージョンアップ Internet Explorer 9 の最新版でも改善されない致命的なHelveticaバグ
PukiWikiで複数行のコメントを挿入 PukiWikiで複数行のコメントを挿入
PukiWikiへ「attachref.inc.php」と「areaedit.inc.php」プラグインの導入 PukiWikiへ「attachref.inc.php」と「areaedit.inc.php」プラグインの導入

おすすめの記事

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wix 

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wi…

Linuxの基本の基本。Linuxの基本的なディレクトリ構成

Linuxの基本の基本。Linuxの基本的なディレクトリ構成

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

WordPress公式テーマTwenty Tenを子テーマでレスポンシブWebデザインに変更

WordPress公式テーマTwenty Tenを子テーマでレスポンシブWebデ…

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタムプロンプトについて

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタム…

全く新しい決済サービスPayPal.Meの導入と使い方を解説

全く新しい決済サービスPayPal.Meの導入と使い方を解説

エンティティとデコード用プラグイン「Entity Decode Button」を作成しました

エンティティとデコード用プラグイン「Entity Decode Button」…

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

サーバリソースをリアルタイムに監視するdstatのインストールと使い方

サーバリソースをリアルタイムに監視するdstatのインストールと…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。