PukiWikiでテーブル要素の回り込みを解除


投稿日:2011年8月3日
  • 0
  • 0



「floatclear.inc.php」なるものを制作した。

前回の更新で「淡水魚図鑑」のフォーマットが原因でテーブル要素が自動で回りこむ設定をしたが早速色々と不具合が出てきた。

本来であれば回り込みの開始と終了を指定するプラグインを作って()で囲めばスマートだとは思うがテキストが難解になりすぎて誰でも編集できるというメリットがなくなる気がする。

なので回りこみを解除する目的だけのプラグインを追加してみた。これなら一行「#floatclear」と追加するだけだ。

floatclear.inc.php」は「hr.inc.php」を参考に

<?php
function plugin_floatclear_convert()
{
return ‘<div id=”floatclear”></div>’;
}
?>

とした。echoで書くとエラーになった。

そして「pukiwiki.css.php」も忘れずに

/* floatclear.inc.php */
#floatclear {
clear : both;
}

と回りこみの解除をして完成。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

PukiWikiでテーブル要素の回り込みを解除 5段階評価プラグインを通して学ぶPukiWikiのプラグインを作成する方法
PukiWikiでテーブル要素の回り込みを解除 PukiWikiで日本以外の国からの編集を拒否する方法
PukiWikiでテーブル要素の回り込みを解除 PukiWikiで空のコメントが追加されてしまう場合の対処法
PukiWikiで円や単位のある表をソートしたい PukiWikiで円や単位のある表をソートしたい
PukiWikiでテーブルの回り込み PukiWikiでテーブルの回り込み
PukiWikiでテーブル要素の回り込みを解除 WordPressプラグインの仕組みとクラスを利用したより実践的な解説
spam_filter.phpを導入 spam_filter.phpを導入

おすすめの記事

「このアプリがシャットダウンを妨げています」と表示されるがアプリがわからない場合の対処法

「このアプリがシャットダウンを妨げています」と表示されるが…

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタムプロンプトについて

ユーザーの環境変数を設定するbashの設定ファイルと、カスタム…

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャッシュの仕組み

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャ…

Custom Post Type UIでカスタム投稿を作って、誰でも簡単に編集できる投稿画面を作る方法

Custom Post Type UIでカスタム投稿を作って、誰でも簡単に編集…

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

初めてでも理解できるようになる「Google Chrome機能拡張の開発」

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

SNSのカウントをキャッシュするWordPressのプラグインを作成しました

SNSのカウントをキャッシュするWordPressのプラグインを作成し…

最新のXAMPPをインストールし、安全・高速に運用する方法

最新のXAMPPをインストールし、安全・高速に運用する方法


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。