デベロッパー登録してChromeストアに機能拡張を公開する方法


投稿日:2015年7月11日
  • 0
  • 0
  • 6



Chrome機能拡張を作成したらデベロッパー登録をしてChromeストアに登録しよう

google_extention_8

Chrome機能拡張の解説」第8弾。今回で解説は終わりです。

機能拡張を作成したら、Chromeストアに公開して多くの人に利用してもらいましょう。

今回は無料の機能拡張を登録する例ですが、課金も可能です。


デベロッパー登録を行う

Chromeストアにアプリや機能拡張を公開するにはデベロッパー登録をする必要があります。
登録には手数料が5ドルかかり、Googleウォレットという機能を使って支払う必要があります。Googleウォレットへの支払いにはクレジットカードが必要です。

Googleいわく本人確認を兼ねているようで、荒らしやイタズラ防止のための措置だそうです。どうしてもクレジットカードは使いたくないという方はVプリカも利用できます。Vプリカの使い方も解説しました。

まずGoogleアカウトにログインした状態で「デベロッパーダッシュボード」にアクセスします。

ページ下部にある「今すぐこの料金を支払う」をクリック

google_extention47

カード情報など必要事項を入力

google_extention48

請求先情報の入力

google_extention49

完了をクリック

google_extention50

以上で登録完了です。


機能拡張のアップロードと登録

デベロッパー登録を完了後にデベロッパーダッシュボードで「新しいアイテムを追加する」をクリック

google_extention51

ファイルをアップロード

説明にありますが、作成した機能拡張をフォルダごとzipで圧縮して「ファイルを選択」をクリックして選択。
アップロード」ボタンをクリックします。
(この時点でマニフェストファイルでエラーになる場合はファイルにコメントを追加していないかチェックしてください。JSONはコメントを追加することはできません。)

google_extention52

必要事項を入力

長々と入力する必要がありますが、入力項目にフォーカスすると右側に丁寧な説明が出るので迷うことはありません。入力が完了したら「公開」ボタンをクリック。

google_extention53

以上でGoogleストアに機能拡張がアップロードされます。

google_extention54

機能拡張の公開URLはデベロッパーダッシュボードから機能拡張名をクリックすると表示されます。

google_extention55

公開は数分で反映されますが、Googleストアで検索してヒットするようになるのは1日程度かかるようです。


以上でGoogle機能拡張についての解説を終わります。
いかがでしたでしょうか?
これから機能拡張を作成しようという方のお役に立てたなら嬉しいです。

この場を借りて参考にさせていただいたサイトを、感謝の気持ちを込めて紹介します。

Chrome Extension | EasyRamble
chrome拡張 カテゴリーの記事一覧 – よんちゅBlog
Building a simple Google Chrome extension – Mark Ashley Bell



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。