Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法


投稿日:2012年10月27日
  • 4
  • 0


Linuxにおける設定ファイルの編集方法

せっかく「viエディタ」の使い方を学んだので、実際の設定ファイルを開いてみましょう。

合わせてLinuxでの作法といいますか、誰が決めたかわからない、でも多くの人が実践している、失敗しても元の状態に戻すことができる編集の方法を紹介します。


編集の前に、設定ファイルのバックアップ

設定を変更後、動作が不安定になったり、不具合が発生することは良くあることです。コマンド操作になれないうちは手間に思うかもしれませんが、慣れないうちだからこそ、編集前のバックアップを心がけてください。

バックアップの中でも、1番安全なバックアップの方法はバージョン管理(または世代管理)することです。
具体的には「hoge.cnf」という設定ファイルがあった場合、originalを表す「.org」という拡張子を追加して「hoge.cnf.org」という名前でコピーします。人によってはbackupを表す「.bak」を利用する場合もあります。

そして変更があるごとに「hoge.cnf.org1」「hoge.cnf.org2」…という具合に番号を増やしていきます。
こうしておけばバックアップだけでなく、過去にどのようなチューニング作業を行ったか、後で確認する事もできます。


今回は試しにMySQLの設定ファイル「my.cnf」を開きます

まずはTera Term等でターミナルにログインしてください。
続いてrootユーザーでログインしなおします。パスワードを求められるのでrootパスワードを入力します。

コマンドラインの見方
コマンド」「引数、その他」「コメント」「#(rootユーザ)」「$(一般ユーザ)」

$ su
パスワード: ←rootユーザーのパスワードを求められるので入力

 

my.cnf」の保存してあるディレクトリ「/etc」へ移動します。
ディレクトリの移動は「cd」コマンドの後にディレクトリを入力します。

# cd /etc

 

my.cnf」を開く前にコピーします。バックアップファイルの名前は「my.cnf.org」とします。
ファイルのコピーは「cp」コマンドの後に「コピーするファイル名+半角スペース+コピー後のファイル名」で指定します。

# cp my.cnf my.cnf.org

 

viエディタ」で「my.cnf」を開きます。

# vi my.cnf

すると以下のように表示されると思います。

[mysqld]
# Settings user and group are ignored when systemd is used (fedora >= 15).
# If you need to run mysqld under different user or group,
# customize your systemd unit file for mysqld according to the
# instructions in http://fedoraproject.org/wiki/Systemd
user=mysql

datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0
character-set-server = utf8
(省略)

Linuxでは各アプリケーションの設定が、このようなテキストファイルの形式で保存されています。

設定ファイルの書式

では上から見ていきます。まず1行目[]で囲まれた[mysqld]という記述があります。この[]は「ブランケット」と呼ばれています。
この表記を「mysqldセクション(節)」といいます。

mysqldセクション」より下の行に書かれた設定は、mysqldセクションに属します。新たなセクションが出てくるまでは「mysqld」に関する設定ということになります。

 

次に2行目の行頭にある「#」に注目してください。これは「コメントアウト」の記号です。「#」以降、改行までは設定ではなく、コメントとして扱われ、アプリケーションからは無視されます。
設定には直接関係はしない、設定の意味や注意書きを記載するときに利用します。行頭にある「#」を削除することを「コメントアウトを解除する」といいます。

#」以外にも「;」やPHPであれば「//」や、範囲を表す「/*」から「*/」まで、という記述法もあります。Linuxとは直接関係ありませんがHTMLでいう「<!–」と「–>」と同じです。

慣れるまでは各設定の意味をコメントで記載してください。また変更の際は変更の理由なども追記しておくと、後で読み返した時に理解しやすくなります。

コメントアウトを利用した編集の良い例、悪い例


以上、設定ファイルの編集における作法でした。

バージョン管理」と、「コメントの追加」。この2点を心がけましょう。

もう何度も設定したから絶対に忘れないし、他に編集する人もみんな知ってるよ」となったらコメントは不要です。そうなるまでは、コメントを書くことも設定の1つと捉えて書いてください。

これでLinuxを編集する上での基礎知識は終了です。

次は「人気のVPSサービス、Saasesの「Osukiniサーバ」特有の初期設定と使い方」について解説します。

Osukiniサーバ以外の方は「IPアドレスとドメインを結びつける、DNSサーバの役割と名前解決の仕組み」へどうぞ。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 Linuxのターミナルでコマンドを入力する方法と、オプションを調べる方法
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 Linuxの鬼門、viエディタの基本的な操作方法と実用的なコマンド
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 Linuxサーバの設定を編集する方法と、利用する便利なソフトの解説
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 CentOS5.9のMySQLを5.6.14にアップデートする方法
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 Linuxでサーバを構築するに当たって必要になる基礎知識
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 td-agent2へアップデートする方法と、Dstat pluginが動作しない場合の対処法
Linux初心者こそ押さえたい、失敗しない設定ファイルの編集方法 初心者でも安全なLAMP環境を構築する方法を解説

おすすめの記事

メールのエラーコードと、メールサーバのmaillog解析方法まとめ

メールのエラーコードと、メールサーバのmaillog解析方法まとめ

fluentdと連動して集計処理を行うNorikraの導入方法

fluentdと連動して集計処理を行うNorikraの導入方法

Windows 10でpsd形式のファイルをサムネイル表示する方法

Windows 10でpsd形式のファイルをサムネイル表示する方法

UWSCでEXCELの作業を自動化する方法

UWSCでEXCELの作業を自動化する方法

Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法

Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法

公式ドキュメントよりも詳しいTinyMCEの使い方(基本編)

公式ドキュメントよりも詳しいTinyMCEの使い方(基本編)

NexusFontが重い場合はWindows Font Cache Serviceを無効にしよう

NexusFontが重い場合はWindows Font Cache Serviceを無効にしよう

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説

Norikraの使い方をサンプルのクエリとイベントを交えて解説


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。