「mfc110u.dll が見つからなかったため…」というエラーが出た場合の対処法


投稿日:2015年9月29日
  • 0
  • 1
  • 0



Visual Studio 2012をインストールしよう

とあるソフトを起動しようとすると「mfc110u.dll が見つからなかったため、このアプリケーションは開始されませんでした。アプリケーションを再インストールすることで、問題が解決される可能性があります。」なるエラーが発生。

以下の様なダイアログが表示されました。

mfc110u01

このメッセージが出たら「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールすると解決することが多いです。

1点注意点があり、OSが64bitでも、ソフトが32bitにしか対応していない場合はdllの32bitバージョンをインストールする必要があります。
よくわからない場合は両方ダウンロードしてインストールしておきましょう。


Visual Studio 2012のインストール方法

マイクロソフトのダウンロードセンターにある当該ページにアクセスし「ダウンロードボタン」をクリック。

mfc110u02

するとファイル名を選択する画面が出るので、必要なバージョンをチェックして「次へ」をクリック。(ソフトがどちらに対応しているかわからない場合は64bitと32bit用の2つをダウンロードしてください。)

自動でダウンロードが開始しない場合は「30 秒経ってもダウンロードが開始されない場合は、こちらをクリック」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルはインストーラー形式なので、そのままインストール。

インストールが完了したらPCを再起動します。

これで無事にエラーメッセージが出ること無くソフトが起動すると思います。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。面倒な登録なしでご利用になりれます。