WordPressでpathやURLを取得するためのタグと出力例まとめ


投稿日:2015年3月13日
  • 36
  • 1
  • 0



これだけあればpathやURLを指定する時に困ることはありません

example-wp

WordPressには便利なタグがたくさん用意されています。
たくさん用意されすぎていて
小テーマへのパスは何で指定するんだっけ?
この関数は最後にスラッシュ付いたっけ?
と、毎回検索して調べていたので、この機会にまとめを作りました。


WordPressでpathやURLを取得するためのタグと出力例まとめ

pathはローカルの場合は「C:\xampp\htdocs\xampp\example/」。
サーバの場合は「/var/www/html/example/」といった感じになります。

関数 解説 出力
ABSPATH インストールされた場所のパス C:\xampp\htdocs\xampp\example/(ローカルの場合)
/var/www/html/example/(サーバの場合)
admin_url() 管理画面のパス http://www.example.com/wp-admin/
content_url() wp-contentディレクトリのパス http://www.example.com/wp-content
get_attachment_link( $id ) 添付ファイルのIDを渡すと添付ページの URI を返す http://www.example.com/?attachment_id=$id
get_author_posts_url( $author ) 投稿者別のアーカイブページへのリンク。投稿者名を入力する http://www.example.com/?author=0
get_bloginfo( $show ) デフォルトはnameでサイト名が返ってくる。変数による違いは以下の通り。 http://localhost/xampp/example
$show = ‘admin_email’ admin@example.com
$show = ‘atom_url’ http://www.example.com/home/feed/atom
$show = ‘charset’ UTF-8
$show = ‘comments_atom_url’ http://www.example.com/home/comments/feed/atom
$show = ‘comments_rss2_url’ http://www.example.com/home/comments/feed
$show = ‘description’ Just another WordPress blog
$show = ‘home’ http://www.example.com/home (DEPRECATED! use url option instead)
$show = ‘html_type’ text/html
$show = ‘language’ en-US
$show = ‘name’ Testpilot
$show = ‘pingback_url’ http://www.example.com/home/wp/xmlrpc.php
$show = ‘rdf_url’ http://www.example.com/home/feed/rdf
$show = ‘rss2_url’ http://www.example.com/home/feed
$show = ‘rss_url’ http://www.example.com/home/feed/rss
$show = ‘siteurl’ http://www.example.com/home (DEPRECATED! use url option instead)
$show = ‘stylesheet_directory’ http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
$show = ‘stylesheet_url’ http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo/style.css
$show = ‘template_directory’ http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
$show = ‘template_url’ http://www.example.com/home/wp/wp-content/themes/largo
$show = ‘text_direction’ ltr
$show = ‘url’ http://www.example.com/home
$show = ‘version’ 3.5
$show = ‘wpurl’ http://www.example.com/home/wp
get_category_link( $id ) カテゴリーアーカイブページヘのリンク http://www.example.com/?cat=0
get_day_link( $year, $month, $day ) 日別アーカイブページのリンク。デフォルトは現在の日。 http://www.example.com/?m=20150313
get_edit_user_link( $user_id ) ユーザー情報編集画面用のパス http://www.example.com/wp-admin/profile.php
get_feed_link() FeedのURLを取得 http://www.example.com/?feed=rss2
get_month_link( $year, $month ) 年別アーカイブページのリンク。デフォルトは現在の年度。 http://www.example.com/?m=201503
get_page_link( $id ) 固定ページのパーマリンクを取得 http://www.example.com/?page_id=$id
get_permalink( $id ) $idを入力するとURLのスラッグを返す。パーマリンク設定によって異なる http://www.example.com/?p=$id
get_post_type_archive_link( $posttype ) カスタム投稿タイプのアーカイブページを返す。get_post_type_archive_link( get_post_type() )など http://www.example.com/$posttype
get_stylesheet() 現在適用されているテーマ(スタイルシート)のディレクトリ twentyten-child
get_stylesheet_directory() 現在適用されているテーマ(スタイルシート)のディレクトリ /var/www/html/example/wp-content/themes/twentyten-child
get_stylesheet_directory_uri() 現在適用されているテーマをURI表記で返す http://www.example.com/wp-content/themes/twentyten-child
get_stylesheet_uri() 現在適用されているテーマ(スタイルシート)のパス /var/www/html/example/wp-content/themes/twentyten-child/style.css
get_tag_link( $id ) タグアーカイブページヘのリンク。IDで指定してスラッグで返ってくる。 http://www.example.com/?tag=wordpress
get_template_directory() 親テーマのディレクトリ /var/www/html/example/wp-content/themes/twentyten
get_template_directory_uri() 親テーマのURI http://www.example.com/wp-content/themes/twentyten
get_term_link( $id ) カスタム分類アーカイブページヘのリンク。タクソノミーが無いとWP_Error Objectを返す http://www.example.com/custom-taxonomy
get_theme_root() テーマのディレクトリ /var/www/html/example/wp-content/themes
get_theme_root_uri() 親テーマのディレクトリ http://www.example.com/wp-content/themes
get_year_link( $year ) 年別アーカイブページのリンク。デフォルトは現在の年度。 http://www.example.com/?m=2015
home_url( $path, $scheme ) $pathにはホームURLからの相対パス。$schemeはhttpかhttpsもしくはrelative(相対パス) http://www.example.com/$path
includes_url() wp-includesのディレクトリを返す http://www.example.com/wp-includes/
plugin_dir_path( __FILE__ ) 現在のファイルのディレクトリを返す。pluginファイルに書けばプラグインのパスを返すが、必ずしもpluginのディレクトリを返すとは限らない /var/www/html/example/wp-content\themes\twentyten-child/
plugins_url() プラグインディレクトのパス http://www.example.com/wp-content/plugins
site_url() サイトのアドレスを表示。スラッシュは付かない http://localhost/xampp/example
the_permalink() 現在のページのパス http://www.example.com/
WP_CONTENT_DIR wp-contentディレクトリのパス /var/www/html/example/wp-content
wp_get_shortlink( $id ) 短縮URL、ショートリンクを表示する。パーマリンク設定で長いスラッグにしている場合に外部プログラムへ短いURLを渡したい場合などに使う http://www.example.com/?p=$id
WP_LANG_DIR languagesディレクトリのパス /var/www/html/example/wp-content/languages
wp_login_url() ログイン画面のパス http://www.example.com/wp-login.php
wp_logout_url() ログアウト用のパス http://www.example.com/wp-login.php?action=logout&_wpnonce=0000000000
wp_lostpassword_url() ログアウト用のパス http://www.example.com/wp-login.php?action=lostpassword
WP_PLUGIN_DIR プラグインディレクトのパス /var/www/html/example/wp-content/plugins
wp_registration_url() ユーザー登録用のパス http://www.example.com/wp-login.php?action=register
wp_upload_dir($time) アップロードディレクトリ URL。配列で返ってくる。$timeはデフォルトはnull。$time = ‘path‘ /var/www/html/example/wp-content/uploads
$time = ‘url‘ http://www.example.com/wp-content/uploads
$time = ‘subdir‘
$time = ‘basedir‘ /var/www/html/example/wp-content/uploads
$time = ‘baseurl‘ http://www.example.com/wp-content/uploads
$time = ‘error‘ bool(false)

これだけ多いと、一つの関数にまとめてもらって引数で取得するデータを絞れたほうが覚えやすい気がする…。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。面倒な登録なしでご利用になりれます。