yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法


投稿日:2014年5月16日
  • 10
  • 11



容量の限られた/boot用パーティション

yum-utils

Linuxのセオリーではブート用のカーネルはHDDの先頭100MBにインストールすることが推奨されています。(今ではそうでなくても普通に起動します。)

カーネル自体は圧縮されており、全部で5MB程度なので、普通は100MBもあれば十分です。しかしカーネルのアップグレードを何度も繰り返していると、バックアップファイルが貯まり、知らず知らずのうちに容量不足になることも。

新しいカーネルのアップデートをしたいけど、/bootディレクトリの容量が足りない。かと言って自分で削除するのは怖い」そんな時はyum-utilsを使いましょう。

yum-utilsのインストール

# yum install yum-utils
Dependencies Resolved

================================================================================
 Package          Arch          Version                       Repository   Size
================================================================================
Installing:
 yum-utils        noarch        1.1.16-21.el5.centos          base         74 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)
Upgrade       0 Package(s)

Total download size: 74 k
Is this ok [y/N]: y ←イエスの「y」を入力してエンター
Downloading Packages:
yum-utils-1.1.16-21.el5.centos.noarch.rpm                |  74 kB     00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing     : yum-utils                                                1/1

Installed:
  yum-utils.noarch 0:1.1.16-21.el5.centos

Complete!

最新のカーネルを3つだけ残して残りを削除

# package-cleanup --oldkernels --count=3
Setting up yum
I will remove the following 3 kernel related packages:
kernel-xen-2.6.18-348.12.1.el5
kernel-xen-2.6.18-348.6.1.el5
kernel-xen-devel-2.6.18-371.4.1.el5
Is this ok [y/N]: y ←イエスの「y」を入力してエンター

以下元々インストールされていたもの

/boot/initrd-2.6.18-371.1.2.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-371.1.2.el5
/boot/symvers-2.6.18-371.1.2.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/config-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-371.1.2.el5xen.hmac
/boot/xen.gz-2.6.18-371.1.2.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.18.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.18.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.18.1.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.18.1.el5xen.hmac
/boot/xen.gz-2.6.18-348.18.1.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.16.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.16.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.16.1.el5xen.gz
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.16.1.el5xen.hmac
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/xen.gz-2.6.18-348.16.1.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.12.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.12.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.12.1.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.12.1.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.12.1.el5xen.hmac
/boot/System.map-2.6.18-348.12.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.12.1.el5xen
/boot/xen.gz-2.6.18-348.12.1.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.6.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.6.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.6.1.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.6.1.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-348.6.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.6.1.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.6.1.el5xen.hmac
/boot/xen.gz-2.6.18-348.6.1.el5
/boot/message

実行後

/boot/initrd-2.6.18-371.1.2.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-371.1.2.el5
/boot/symvers-2.6.18-371.1.2.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/config-2.6.18-371.1.2.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-371.1.2.el5xen.hmac
/boot/xen.gz-2.6.18-371.1.2.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.18.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.18.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.18.1.el5xen.gz
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.18.1.el5xen
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.18.1.el5xen.hmac
/boot/xen.gz-2.6.18-348.18.1.el5
/boot/initrd-2.6.18-348.16.1.el5xen.img
/boot/xen-syms-2.6.18-348.16.1.el5
/boot/symvers-2.6.18-348.16.1.el5xen.gz
/boot/.vmlinuz-2.6.18-348.16.1.el5xen.hmac
/boot/vmlinuz-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/System.map-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/config-2.6.18-348.16.1.el5xen
/boot/xen.gz-2.6.18-348.16.1.el5
/boot/message

最新のものを3つを残して削除されています。

yum-utilsで削除する利点はgrubも掃除してくれることです。

# cat /boot/grub/grub.conf

title CentOS (2.6.18-371.1.2.el5xen)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-371.1.2.el5xen ro root=LABEL=/ console=xvc0
        initrd /initrd-2.6.18-371.1.2.el5xen.img
title CentOS (2.6.18-348.18.1.el5xen)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-348.18.1.el5xen ro root=LABEL=/ console=xvc0
        initrd /initrd-2.6.18-348.18.1.el5xen.img
title CentOS (2.6.18-348.16.1.el5xen)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-348.16.1.el5xen ro root=LABEL=/ console=xvc0
        initrd /initrd-2.6.18-348.16.1.el5xen.img

これなら必要なファイルを誤って削除してしまうような事故は避けられますね。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 CentOSでカーネルの再構築を行いカーネルモジュールを有効にする方法
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 「-j」オプションと「ccache」でコンパイル時間を400%高速化する方法
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 外部リポジトリの追加と、yum-prioritiesを利用した優先順位の設定
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 phpMyAdminのバージョンアップに合わせて、初期設定と拡張機能の有効化
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 インストールだけじゃない!yumの設定から便利な使い方まで徹底的に解説
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 yumコマンドで外部リポジトリを指定して、最新のPHPにバージョンアップ
yum-utilsを使って/bootの不要なカーネルを削除する方法 Capability Moduleをモジュール化することで起こる様々な不具合

おすすめの記事

DNS Amp攻撃の解説と、踏み台にされないためのBIND DNSの設定

DNS Amp攻撃の解説と、踏み台にされないためのBIND DNSの設定

PukiWikiで5段階評価を付けるプラグインを作成しました

PukiWikiで5段階評価を付けるプラグインを作成しました

インストールだけじゃない!yumの設定から便利な使い方まで徹底的に解説

インストールだけじゃない!yumの設定から便利な使い方まで徹底…

日々の単純作業を自動化できるUWSCの使い方(入門・書式編)

日々の単純作業を自動化できるUWSCの使い方(入門・書式編)

公式ドキュメントよりも詳しいTinyMCEの使い方(基本編)

公式ドキュメントよりも詳しいTinyMCEの使い方(基本編)

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャッシュの仕組み

W3 Total Cacheの設定を通して学ぶ、WordPressを高速化するキャ…

Apacheのmod_rewriteモジュールの使い方を徹底的に解説

Apacheのmod_rewriteモジュールの使い方を徹底的に解説

rsyslogを利用したログファイル作成と、logrotateを利用したログのローテーション

rsyslogを利用したログファイル作成と、logrotateを利用したロ…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください