使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート


投稿日:2013年8月15日
  • 68
  • 0


さっと調べたいときにピピッと見つけられるシートをささっと作ったよ

ntities

一般のエンティティシートは読み方すらわからない文字がたくさん配置されていて、探しにくい。
そこで、自分が使ったことのある文字限定でエンティティ文字のシートを作りました。
(はてブコメントでご指摘の通りXMLではなく、XHTMLの間違いです。訂正しました。8/18)


  … −
€ § § ± ±
¢ ¢ ¶ √
£ £ † ∞
¥ ¥ ‡ ∝
© © ‘ × ×
® ®  ’ ’ ÷ ÷
™ ‚ ∼
< &lt; &ldquo; &asymp;
> &gt; &rdquo; &cong;
&lsaquo; &bdquo; &equiv;
&rsaquo; ¬ &not; &le;
« &laquo; ¦ &brvbar; &ge;
» &raquo; ¯ &macr; &ne;
&quot; &there4; &prime;
& &amp; &cap; &Prime;
µ &micro; &cup; &crarr;
&oline; &and; &uarr;
&frasl; &or; &darr;
° &deg; &isin; &larr;
º &ordm; &notin; &rarr;
ª &ordf; &ni; &harr;
¹ &sup1; &ang; &uArr;
² &sup2; &spades; &dArr;
³ &sup3; &clubs; &lArr;
¼ &frac14; &diams; &rArr;
½ &frac12; &hearts; &hArr;
¾ &frac34; &mdash; &ndash;

現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート 公式ドキュメントよりも詳しいTinyMCEの使い方(応用編)
使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート 文章作成を10倍楽にする方法!秀丸エディタの使えるマクロ10個まとめ
使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート 自炊派・漫画好きにおすすめの漫画ビューア「Leeyes」
PukiWikiでアンカータグのカスタマイズ PukiWikiでアンカータグのカスタマイズ
使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート WordPressで複数のループを使ってカスタム投稿一覧を自在に表示する方法
使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート Custom Post Type UIでカスタムタクソノミーをとことん使いこなす方法
使うであろう文字だけの、HTML・XHTMLエンティティシート 自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

おすすめの記事

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wix 

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wi…

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショートカット一覧

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショー…

WordPressのサイトをHTTPS化して学ぶLet’s Encryptの使い方

WordPressのサイトをHTTPS化して学ぶLet’s Encryptの使い方

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成

Apacheのmod_deflateでコンテンツを圧縮してサイトを高速化する方法

Apacheのmod_deflateでコンテンツを圧縮してサイトを高速化する…

「このアプリがシャットダウンを妨げています」と表示されるがアプリがわからない場合の対処法

「このアプリがシャットダウンを妨げています」と表示されるが…

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹底解説

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹…

iptablesで設定したパケットフィルタリングが正しく動作しているかテスト

iptablesで設定したパケットフィルタリングが正しく動作してい…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。