カテゴリー「書評」の記事一覧

書評:村上春樹「スプートニクの恋人」




さよならだけが人生だ とある友人と待ち合わせ。 その友人には驚きの癖があり、その行き過ぎた人間らしさには、ほとほと手を焼いています。 簡単に言えば「待ち合わせ場所に時間通り現れない」という謎の特質です … 続きを読む→

書評:村上春樹「1Q84」




愛がなければ、すべてはただの安物芝居にすぎない 「右へ倣え右は嫌い」「オリコン1位は信用しない主義」といった、とても個人的な理由から、村上春樹ファンとしては後ろ髪を引かれつつも、1Q84は手に取りませ … 続きを読む→

書評:村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」




オドルンダヨ。 有名な話しですが村上春樹は千駄ヶ谷でジャズバーを経営していました。 私の通った学校が千駄ヶ谷にあったため、有名なジャズバー跡地とは知らずに訪れたことがあります。 小説によく出てくる千駄 … 続きを読む→