Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築


投稿日:2012年11月20日
  • 4
  • 0


Dovecotなら受信メールサーバの構築もわずか数分

このページでは「Dovecot」でPOPサーバを構築します。

Postfixで保存したメールデータを、「Dovecot」を利用して受信します。
Dovecot」はデフォルトで実用的な設定になっているので、ほとんど変更せずに利用することができます。


Dovecotについて

Dovecot」は「ダヴコット」と読みます。「IMAP/POP3 Server」とあるように、受信形式は「IMAP」と「POP3」に対応しています。

POPとは

POP(Post Office Protocol:ポップ)」はメール全体を1度に受信する方式。よく使われているのはPOP3というプロトコル。この形式では1度受信したメールはサーバから削除されます。受信ごとに削除されるので、容量に余裕の無いサーバでも運用しやすいメリットがあります。

IMAPとは

IMAP(Internet Message Access Protocol:アイマップ)」はサーバにメールデータを保存して、必要なメールをユーザーが適宜受信するという方式です。メールの削除をしない限り保存されたメールは消えないので、パソコンと携帯電話など、別の環境で同じメールを受け取る事ができます。反面、メールデータが溜まっていくのでディスク容量に注意が必要です。

オフィシャルはこちら」わからないことがあったら参照してみてください。

オフィシャルページの情報を日本語化してくれているありがたいサイト」もあります。


Dovecotの設定

それではDovecotの設定を始めます。Postfixと違い、Dovecotの設定ファイルは「/etc/dovecot.conf」の1つだけです。

webminで編集する場合は「サーバ > Dovecot IMAP/POP3 Server > Edit Config Files」とクリックしてください。

コマンドで編集する場合は
※コマンドラインの見方
コマンド」「引数、その他」「コメント」「#(rootユーザ)」「$(一般ユーザ)」

# vi /etc/dovecot.conf

listenの設定

40行目あたり「IPv4」のみに対応するように変更

#listen = [::]
listen = *

IPv4とIPv6の両方に対応させる場合は

listen = *,[::]

protocolsの設定

サービスを行うプロトコルを設定します。
20行目あたりコメントアウトを外します。

#protocols = imap imaps pop3 pop3s
protocols = imap imaps pop3 pop3s

ssl_cert_fileとssl_key_fileの設定

Postfix用に作成した秘密鍵と公開鍵証明書の場所を指定します。
91~92行目あたりに追記します。

#ssl_cert_file = /etc/pki/dovecot/certs/dovecot.pem
#ssl_key_file = /etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem
ssl_cert_file = /etc/pki/postfix/postfix.pem
ssl_key_file = /etc/pki/postfix/postfix_noenc.key

mail_locationの設定

メールが保存されたディレクトリを明示的に指定します。
過去の設定ファイルでは「default_mail_env」という項目でした。

213行目あたりコメントアウトを外して追記します。Postfixの設定で「home_mailbox = Maildir/」とした場合は以下の設定で動作します。
(mbox形式の場合はmbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u等としてください。)

#mail_location = 
mail_location = maildir:~/Maildir

以上の編集が終わったら「保存」ボタンをクリックしてください。


Dovecotを起動します

インストールしたままの設定だとサーバを再起動してもDovecotは起動しません。
webminの「Dovecot IMAP/POP3 Server」のウィンドウで、「Start at boot?」というボタンがあるので、「はい」にチェックを入れてからクリックしてください。

最後に「Start Dovecot Server」をクリックして起動してください。

コマンドで自動起動を有効にするにはこちら

# chkconfig dovecot on

自動起動が有効になっているかチェック

ルートユーザーでホームディレクトリに移動
# su - 
dovecotの自動起動を確認
# chkconfig --list dovecot
以下のように3番がonになっていれば自動起動は有効です。
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

メールサーバ用のポートを開放

smtpspop3sを利用するために、対応するポートを開けます。
それぞれに対応するポートは以下のとおりです。OB25Bのために勘違いしがちですが、ポート25番もメールサーバ同士の通信や、Linuxローカルで利用するので開放します。

ポート25番 smtp protocol
ポート465番 smtps protocol
ポート587番 e-mail message submission
ポート993番 imap4s protocol
ポート995番 pop3s protocol

手順はDNSの解説でもしましたが、Webminにて「ネットワーク > Linux ファイアウォール」をクリックして、「ルールを追加する」ボタンをクリックします。

smtpsのルール

ルールのコメント smtps
実行するアクション 許可
ネットワークプロトコル 等しい TCP
宛先の TCP または UDP ポート 等しい 465

同じように25、587、993、995のTCPポートを開放してください。最後に設定を有効にするべく「設定を適応する」ボタンをクリックしてください。

コマンドでポート開放する場合はviで「/etc/sysconfig/iptables」を開き、以下のように追記してください。

# smtp
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 25 -j ACCEPT
# smtps
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 465 -j ACCEPT
# submission
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 587 -j ACCEPT
# imap4s
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 993 -j ACCEPT
# pop3s
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 995 -j ACCEPT

設定を有効にするべくファイアウォールの再起動。

# /etc/init.d/iptables restart

以上でDovecotの設定は終了です。
次回は「メールサーバに合わせたOutlookの設定と、ルート証明書の登録方法」を解説します。


現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 iptablesをシェルスクリプトで設定していて動作が遅い場合の対処法
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 OpenSSLの基本と、メールサーバに暗号化通信を導入する際の流れを確認
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 iptablesの設定ファイルをシェルスクリプトを利用して動的に作成
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 iptablesの設定とログファイルのローテーション
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 メールサーバ構築のためOpenSSL、Postfix、Dovecotのインストールと設定
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 Postfixによる、セキュリティに配慮したメールサーバの構築方法
Dovecot IMAP/POP3 Serverで受信用メールサーバを構築 メールサーバ構築に必要な基礎知識とセキュリティについての解説

おすすめの記事

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wix 

Web制作の自由度をフレームワークレベルまで高めたCorvid by Wi…

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

自前の国別IPv6、IPv4アドレス割当リストを作成しよう

Linuxでサーバを構築するに当たって必要になる基礎知識

Linuxでサーバを構築するに当たって必要になる基礎知識

Adblock対策プラグイン「End of Adblock Cycle」を作成しました

Adblock対策プラグイン「End of Adblock Cycle」を作成しました

これ以上ないくらい簡単な例から学ぶ、レスポンシブwebデザインの作り方

これ以上ないくらい簡単な例から学ぶ、レスポンシブwebデザイン…

UWSCでEXCELの作業を自動化する方法

UWSCでEXCELの作業を自動化する方法

Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法

Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法

WordPressでアイキャッチ画像をサムネイルとして一覧ページに表示する方法

WordPressでアイキャッチ画像をサムネイルとして一覧ページに表…

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショートカット一覧

作業効率を飛躍的に向上させる!実務で使うIllustratorのショー…


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。