旧環境のバックアップファイルからFFFTPの設定をコピーする方法


投稿日:2012年3月23日
  • 3
  • 1



意外に大変なFFFTPの設定をコピーする方法

公式で開発が終了しても、有志の手によってプロジェクトが引き継がれた大人気FTPソフトFFFTP。そのシンプルさと直感的なインターフェイスが人気の理由だと思いますが、設定の移行をするとなるとシンプルには行きません。

なぜかというと、FFFTPは設定ファイルをレジストリに保存しています。そのため、アプリケーションの入ったフォルダをコピーしても設定は引き継がれません。そのため以下の手順が必要になります。

旧環境で「接続 > 設定 > 設定をファイルに保存」として設定ファイルを保存して、
新しい環境で「接続 > 設定 > 設定をファイルから復元」で保存したファイルを読み込む。これが一番簡単な方法です。

しかし、今回は「旧環境を起動させることが困難」という特殊な場合に、FFFTPの設定を引き継ぐ方法を解説します。環境の移行に際して「HDDのバックアップさえあれば簡単だろう」と高をくくっていましたが、意外に大変だったので、メモとして残しておきます。

※ この方法は旧バージョンでのみ有効です。新しいFFFTPの場合は「マスターパスワードを導入したFFFTPでパスワードを復号化する方法」をご覧ください。


設定方法

1.まずHDDを外付けなどに接続して認識させます。

2.C: < Documents and Settings < User名 < ntuser.dat」に保存されているレジストリファイルを「MiTeC Windows Registry File Viewer(LFV)」というソフトで開きます。

3.Software\Sota\FFFTP\Options\」に「Host」というキーがあるので開きます。

それぞれ
HostAdrs」が「ホスト名(アドレス)
UserName」が「ユーザー名
Password」が「パスワード/フレーズ」に対応しています。

4.気がついたと思いますが、「Password」は暗号化されて保存されているため、コピペしてもログインできません。そこで暗号化を解除する必要があります。「こちらの解読ツール」に「Password」のキーをコピペしてください。

ご自由にとのことなので、保険としてこのサイトにもjavascriptを掲載しておきます。

<script type="text/javascript">
function deffftp() {
  In = window.prompt("Enter encrypted password text", "");
  if (In == null) return;
 
  Str = In.replace(/\\\\/g , '\\');
  Put = "";
  
  i = 0;
  while( i < Str.length ) {
    Get1 = Str.charCodeAt(i);
    Get2 = Str.charCodeAt(i+1);
    Rnd = Get1 >> 4 & 0x3;
    Ch = (Get1 & 0xF) | ((Get2 & 0xF) << 4);
    Ch <<= 8;
    if ((Get1 & 0x1) != 0) i++;
    i += 2;
    Ch >>= Rnd;
    Ch = (Ch & 0xFF) | ((Ch >> 8) & 0xFF);
    Put += String.fromCharCode(Ch);
  }
  window.alert("Decrypted password is '" + Put + "'");
}
</script>

以上で環境移行後にFFFTPの設定を外付けHDDからコピーできました。

このような憂き目に合わないためにも、FFFTPの「オプション > その他 > 設定をレジストリでなくINIファイルに保存する」のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。
こうすることで新しい環境でINIファイルを読みこめば簡単に設定を引き継げます。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事

旧環境のバックアップファイルからFFFTPの設定をコピーする方法 マスターパスワードを導入したFFFTPでパスワードを復号化する方法
旧環境のバックアップファイルからFFFTPの設定をコピーする方法 Chrome機能拡張のコンテンツセキュリティポリシー(CSP)について
旧環境のバックアップファイルからFFFTPの設定をコピーする方法 LaravelでOAuthを利用してTwitter、Facebook、Googleアカウントでログインを実装
facebookのCommentをPukiWikiに追加 facebookのCommentをPukiWikiに追加
PukiWikiで表をソートしたい PukiWikiで表をソートしたい
PukiwikiでGoogle Analyticsを使う PukiwikiでGoogle Analyticsを使う
「つぶやき」に「via」を付けよう 「つぶやき」に「via」を付けよう

おすすめの記事

知らなきゃ損!WordPressの表(テーブル)はExcelで作ろう!

知らなきゃ損!WordPressの表(テーブル)はExcelで作ろう!

ClamAVとClamSMTPを利用してPostfixのメールをウイルスチェック

ClamAVとClamSMTPを利用してPostfixのメールをウイルスチェック

パソコン用メガネなんていらない!無料でできる5つの疲れ目対策

パソコン用メガネなんていらない!無料でできる5つの疲れ目対策

Question2AnswerへreCAPTCHAを導入する方法

Question2AnswerへreCAPTCHAを導入する方法

インストールだけじゃない!yumの設定から便利な使い方まで徹底的に解説

インストールだけじゃない!yumの設定から便利な使い方まで徹底…

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹底解説

WordPressの新・旧ループからカスタムクエリ・アーカイブまで徹…

WordPressの最速キャッシュを探せ!APC、memcached、Transients APIを比較

WordPressの最速キャッシュを探せ!APC、memcached、Transients…

誤って削除したGoogle Chromeのブックマークを復元する方法

誤って削除したGoogle Chromeのブックマークを復元する方法


いただいたコメントなど

  1. RyouSoftソフトウェア開発グループ のコメント:

    ナイスな情報ありがとうございます。助かりました。

  2. garesaku のコメント:

    同じように考えていて、どうしましょうと、検索したら、見事同じ方が・・・・
    めちゃくちゃ助かりました!!ありがとうございます。

  3. WA のコメント:

    10年ぶりに解読できました。
    ありがとうございます。

    本当に感謝しております。

    • oxy のコメント:

      コメントありがとうございます。
      10年ぶりとは、まるで考古学者気分ですねw
      お役に立てたようで、よかったです。

コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください