PukiwikiでGoogle Analyticsを使う


投稿日:2011年7月30日
  • 1
  • 0
  • 2



PukiwikiでGoogle Analyticsを使う。

ロリポップにもデフォルトでアクセス解析が用意されているが、見づらいので使おうと思えません。

Google Analyticsはウェブマスターツールと統合して新しいバージョンが公開されているのでいつまで使えるか分からないが、便利なので使ってみます。

まずGoogle Analyticsでアカウントを作ります。すると自分専用のトラッキングコードがもらえるので、そのコードをコピペして、
PukiWikiの「skin」フォルダにある「pukiwiki.skin.php」に書き込む。
説明を見ると</head>タグの直前が良いらしい。
なので95行あたりにある</head>直前にコードをコピペ。

<?php if (PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT && $trackback_javascript) { ?> <script type=”text/javascript” src=”skin/trackback.js”></script><?php } ?>

<?php echo $head_tag ?>
<script type=”text/javascript”>

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘******’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);

(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

</script>
</head>
<body>

ちなみに「******」の部分に専用の番号が入ります。
しばらく待ってGoogle Analyticsに戻って見てみるとステータスにあった三角の!マークがなくなってるはずです。

これで見事SEOにも便利なGoogle Analyticsが運用できるようになります。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。