Internet Explorer 8で10pxのフォントが崩れる


投稿日:2011年12月15日
  • 0
  • 0
  • 0



正確には10~11pxあたりのフォントの表示の不具合だ。

文字が大きくなったり小さくなったり、ひどい時にはピクピク動く。
悪いことにパーセントで文字サイズを指定しても同じように不具合が表れる。
この不具合は同じ環境でも再現できないことがあるが、気がつくと表示が崩れるという特性を持っている。

さまざまな条件で表れるため、特定は開発者に任せるとして、解決法だけ。


解決法

フォントの指定で日本語名のフォントを先頭に指定する。
具体的には

font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ','Meiryo','MS Pゴシック','sans-serif';

と指定した。

後発のブラウザが正確な表示を実現するなか、本来の意味での「WEB標準」になる日は来るのだろうか?



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。面倒な登録なしでご利用になりれます。