WordPressをインストールしたら初めに設定する項目


投稿日:2011年7月28日
  • 0
  • 1



初めてのWordPress。

導入が終わったため初期設定を済ませる。


1.ページの設定

home」ページと「更新一覧」ページを作成

設定 > 表示設定」で「フロントページ」を「home」ページに。

投稿ページ」を「更新一覧」ページに設定。


2.一般設定

設定 > 一般設定」でサイトタイトル、キャッチフレーズを設定。


3.デザインのカスタマイズ

これは意外に大変だった。ファイル構造を理解するのに時間がかかる。
まずはファイルの場所だ。
インストールした場所/wp-content/themes/twentyten/ ここにTwenty Tenというテーマが入っている。

  • index.php がメインのファイル。
    • header.php ヘッダのモジュール(ページごとにタイトルのタグを変える、ページごとにヘッダ画像を変える、ナビゲーションメニューを表示するなどの機能)
    • loop.php 投稿一覧のモジュール(カテゴリの種類による表示変更、)
    • sideber.php サイドバーのモジュール(ウィジット1、2の設定)
    • comments.php コメントのモジュール (管理者かどうかの判断など)
    • footer.php フッターのモジュール(サイドバーフッターを読み込む)
      • sidebar-footer.php サイドバーフッターのモジュール(サイドバーフッターにモジュールが追加された場合に動作する。ウィジット1~4までの設定)

以下のテンプレートを変更することでもページのデザインを変えることができる。

  • single.php 個別の投稿ページを表示するテンプレート(記事のカテゴリー、タグを表示する設定など)
  • page.php 固定ページを表示するテンプレート
  • search.php 検索用テンプレート
  • archive.php 投稿一覧表示のテンプレート
  • category.php カテゴリ別に投稿一覧を表示するテンプレート
  • tag.php タグ別に投稿一覧を表示するテンプレート
  • author.php 投稿者別に投稿一覧を表示するテンプレート
  • attachment.php 画像などを表示するテンプレート
  • 404.php ページが見つからない場合のテンプレート

デザインに関してはCSSが用意されている。

  • style.css これがメインのスタイルシートだ。設定画面からも編集することが出来る。
  • rtl.css
  • editor-style-rtl.css
  • editor-style.css

今回は簡単に邪魔なトップ画像をなくして、フォントのサイズを調節するだけに留める。


4.プラグインの導入

基本はダウンロードしたプラグインを「インストールした場所/wp-content/plugins」フォルダに解凍して入れる。そして「設定 > プラグイン」で設定をすると使えるようになる。
他にも「設定 > プラグイン > 新規追加」でプラグイン名を入力してインストールする方法もある。こちらのほうが導入はスマートかもしれない。

詳しいプラグインのインストール方法は「WordPressにプラグインをインストールする方法」で解説してます。

Akismet
スパム対策。普通にWordPressをインストールするとキーがもらえるらしいが、ロリポップサーバにて自動インストールしたのでサイトで「Akismet API キー」を取得する。プランでPersonalを選んでスライドバーで0$にすると無料でキーがもらえる。

Broken Link Checker

リンク先が無くなった場合に通知してくれる。

Google XML Sitemaps

グーグルサイトマップを自動で生成してくれる。検索サイトへの通知も可能だ。

WP Multibyte Patch

2バイト文字の不具合を修正してくれるらしい。

AddQuicktag

よく使うタグをHTMLで編集する画面の上にボタンとして追加できる。


とりあえずWordPressを導入するにあたって以上のことを設定した。



現在のページを共有する



現在のページに関連する記事


おすすめの記事


コメントを残す

コメントは認証制のため、すぐには反映されません。

プログラミングに関する質問は「日本語でプログラミングの悩みを解決するQ&Aサイト sukegra」をご利用ください。